株式会社クラシックのSDGS/CSR

SDGsへの貢献

SDGsとは国連が2030年までに達成を目指す「持続可能な開発目標」です。

「誰一人取り残さない」を理念とする世界共通の目標です。

株式会社クラシックはリユース事業を通じてSDGsに取り組んでいます。


株式会社クラシックの取り組み 1

SDGs 「つくる責任 つかう責任」目標:12 - 5

2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

日本の年間の衣類廃棄量は、

 

100万 t 

(33億着)

 

衣服ロス問題は深刻化しています。

 

弊社クラシックはリユース事業を軸に廃棄0を目指し、

持続可能な循環型社会に貢献いたします。

 

「モノ」がもつ価値(伝統・品質・作家の想い)を絶やさず、

大切に未来に繋げることを使命としています。

 

リユースが難しいお品は廃棄せず、

リサイクル(資源化)と委託提携することで廃棄量を削減しております。

 


株式会社クラシックの取り組み 2

SDGs 「陸の豊かさを守ろう」目標15 - 2

あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を促進し、

森林減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる。

世界では1年間で約330万ヘクタール以上の森が失われています。

気候変動、無計画な森林伐採、都市化が進んだことが要因とされています。

 

弊社クラシックではブランド買取サービスのご依頼数に応じ、

緑化を推進する公益社団法人への寄附を実施いたします。

リユースを通じて森林保護・豊かな森づくりに貢献いたします。


株式会社クラシックの取り組み 3

SDGs 「気候変動に具体的な対策を」目標:13 - 3

気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。

日本の衣類は73%が焼却廃棄され、

温暖化に影響あるとされてるCO2が排出されます。

 

クラシックでは廃棄によるCO2量を数値化し、

削減量を可視化しています。

 

取り組みの結果

削減されたCO2量:約 40t

 

できることを可視化して廃棄/排気のない循環型社会を目指します。

 


その他の取り組み

私どもは大企業ではないため、リユースの概念を拡げる影響力がありません。

ですが一人一人と向き合い、リユースを深め伝えていくことはできると信じております。

 

ブランド品専門店としての誇りを持ち、真の価値を絶やさず大切に未来に繋げます。

クラシックは「リユースの価値を高める」ことで、社会と環境保全に貢献いたします。